Reviews

麻は土壌に良い

アサ(麻、英名Cannabis)は、学名カンナビス・サティバ (Cannabis sativa)といい、中央アジア原産と 北海道では、過去に衣服や漁網用に使用されていた経緯や土壌改良効果などを見込んで、2013年に「産業用大麻可能性検討会」が開催され、産業用途への  2016年10月21日 現在、特に注目を浴びる研究領域の一つは除染だ。しかし以前から、麻が土壌から汚染物質を吸い上げる事実は知られていた。 チェルノブイリのファイトレ  ヘンプ(Hemp)は大麻を原料として作られた織物を言います。私たちが「麻」と呼んでいるものには「リネン」「ジュート」などがあり、その中で一番やわらかく、肌触りのよいもの  2017年7月20日 コロラド州立大学の研究者は、大麻は土壌に深く根ざした重金属や放射性毒素の除去に極めて有効で ファイトレメディエーションは、緑色の植物を使用して汚染された土壌を除去、収容、または置換する新しい技術です。 なぜ麻がいいのか. 麻は、植物に含まれている繊維の総称で、20種近くあります。同じ麻と呼ばれながらも、原料となる植物によって、それぞれまったく性質が異ります。 私たちの身近にある麻 

2019年9月27日 ハイネックで首元までしっかりあたたかく、パンツともスカートも相性がよい丈感に仕上げました。Wジッパーを採用しているためインナーによって前の開き 

2015年4月27日 気兼ねすることなくサブサブ洗える丈夫さと、サラットクールな涼感性がイイ!」 2013年7月24日 NO.003は「ジュート麻のバック」 珈琲豆や穀物を入れる袋に使われる生地でつくられた、丈夫でざっくり 風通しもいいバックだから蒸れも心配無用です。 蚊帳(かや)、麻布の井上企画・幡の公式通販サイト。 手織り麻・リネンのテーブルウェア、バッグや、蚊帳生地のウェア・ふきんなど生活雑貨を奈良から全国にお届けしている  2019年9月27日 ハイネックで首元までしっかりあたたかく、パンツともスカートも相性がよい丈感に仕上げました。Wジッパーを採用しているためインナーによって前の開き  2013年11月10日 全体としては似たところありますが、ヘンプは、リネン・ラミーのよいところを網羅 ヘンプが土壌改良、毎年でも栽培できることと比べると、とてもナイーブな  通気性、吸湿性・放湿性に優れた本麻を使った、さらさらと気持ちのよいダブルガーゼケット。【数量限定】 さらさら 爽やか 心地よい リネン ケット 麻 100% 通気性 抜群の ムレ  2019年1月11日 コットンや麻、リネンといえば結構定番な素材ですが「テンセル(指定外 ちょっと上品なアイテムを作りたいときにテンセル素材を利用すると良いかもしれ 

2016年3月18日 キマる成分が少なすぎるので、穂を吸ってもタバコ吸ったほうが良いだろと思い BMWも車の内装材として使ったり、伊勢丹でも食用の麻の実を販売する 

ほどよい透け感と麻ならではの風合いが美しい手織り麻100%ののれんを販売しています。自然のままの風合いを大切に作られた当社ののれんは、奥深な色合いと上品な布  で測定 し,通 気係数の値の比較より,通 気性の良い根巻資材を模. 索 した。 (2)透水 麻袋 ・麻布の各種根巻資材が土壌中でどのように分解されていく. かを物理的 ・化学  2016年3月18日 キマる成分が少なすぎるので、穂を吸ってもタバコ吸ったほうが良いだろと思い BMWも車の内装材として使ったり、伊勢丹でも食用の麻の実を販売する  2019年3月26日 そんなときでも首まわりにほどよいボリューム感が生まれ、存在感が出るのがフード付きアウター。それが麻ストレッチ素材だったら、大人っぽさもひとしお。

2016年1月29日 リネンは亜麻科の亜麻から、ヘンプは麻科の大麻から繊維がとられます。 ができたように、素肌にまとっても気持ちのよいのがリネンの生地なのです。

すべての部分が利用可能な上、土壌改良までするという素晴らしい植物で、化石燃料 また、日本で麻の名称で流通させて良い繊維は亜麻と苧麻のみであり、本来の麻(  2015年8月24日 栃木県鹿沼市にある「野州麻(やしゅうあさ)」畑へと向かっていました。 栃木県で栽培・生産された麻を野州麻(やしゅうあさ)といいます。 同県は質量ともに  高温多湿の気候で湿潤の土壌で、かつ、水浸醗酵によって繊維採取をするため、水が 黄麻(ジュート)は、インド麻・カルカッタヘンプ・いちび・綱麻(つなそ)ともいい、しなの  アサ(麻、英名Cannabis)は、学名カンナビス・サティバ (Cannabis sativa)といい、中央アジア原産と 北海道では、過去に衣服や漁網用に使用されていた経緯や土壌改良効果などを見込んで、2013年に「産業用大麻可能性検討会」が開催され、産業用途への  2016年10月21日 現在、特に注目を浴びる研究領域の一つは除染だ。しかし以前から、麻が土壌から汚染物質を吸い上げる事実は知られていた。 チェルノブイリのファイトレ