CBD Products

Cbd bonnガイドライン

1. 遺伝資源へのアクセスとその利用から生じる利益の公正・衡平な配分. に関するボン・ガイドライン、Bonn Guidelines on Access to Genetic. Resources and Fair and Equitable Sharing of the Benefits Arising out of their Utilization(通称、ボン・  In 2002, State parties to the Convention on Biological Diversity (the CBD) formally adopted the Bonn Guidelines on Access to Genetic Resources and Fair and Equitable Sharing of the Benefits Arising out of their Utilization (the Bonn  Apr 1, 2019 Chronology of the implementation of the CBD leading to the “Guidelines on Access to Genetic Resources for. Users in Japan”: ○ 2002 The Bonn Guidelines are adopted at COP6 in February. In September, Japanese  Assist governments in the elaboration of measures to govern ABS. • Help users and providers of genetic resources to implement. ABS procedures effectively. The Bonn Guidelines can be downloaded at: • www.cbd.int/abs/bonn.shtml  Mar 26, 2018 11. Bonn Guidelines on Access to Genetic Resources and Fair and Equitable Sharing of the. Benefits Arising out of their Utilization (Bonn Guidelines), CBD Decision 6/24, “Access and Benefitsharing as Related to Genetic 

田上麻衣子「CBD Akwe:Kon ガイドラインについて」『知的負産法政策学研究』. 第 10 巻(2006 年)221-245 頁参照。 Equitable Sharing of the Benefits. Arising out of their Utilization,See http://www.cbd.int/doc/publications/cbd-bonn-gdls-en/pdf.

2010年9月18日 生物多様性条約・第6回締約国会議(COP6)において、 「ボン・ガイドライン」が作られた。 Bonn Guidelines http://www.cbd.int/abs/bonn.shtml その内容は、 1)(遺伝資源・生物資源の)利用者は事前情報に基づき、 適切な時期に当該国の  これらの一連の議論のひとつの成果として、2002年にボンガイドラインというABSに関する国際的なガイドラインが合意されました。このガイドラインには遺伝 1 生物多様性条約 決議 IV/8 http://www.cbd.int/decisions/?dec=IV/8 2 生物多様性条約 第15条 

CBD に関連した任意のガイドラインとしては、2002年 4 月 7 日~16日に. オランダのハーグで開催された第 6 回締約国会議(COP 6 )で採択された. 「遺伝資源へのアクセスとその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分. に関するボン・ガイドライン(通称: 

Das Übereinkommen über die biologische Vielfalt (Convention on Biological Diversity, CBD) beinhaltet diverse Ressourcen und die gerechte und ausgewogene Beteiligung an den Vorteilen aus ihrer Nutzung (Bonn Guidelines on Access  CBD に関連した任意のガイドラインとしては、2002年 4 月 7 日~16日に. オランダのハーグで開催された第 6 回締約国会議(COP 6 )で採択された. 「遺伝資源へのアクセスとその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分. に関するボン・ガイドライン(通称:  降,知的財産権がCBDの利益配分および技術移転. に関する規定に対してどのような役割を果たすかに. 関する議論を続けており,2002 年の「遺伝資源へ. のアクセスとその利用から生じる利益配分の公正か. つ衡平な配分に関するボン・ガイドライン(ボン・. 2012年3月12日 CBD 第 15 条に規定された遺伝資源へのアクセスと利益配分(Access and. Benefit-Sharing:ABS)を確保するために、国内法や行政措置、契約の作成の参考と. なる任意のガイドライン(略称「ボン・ガイドライン」2)が採択されました。

COOP9 Conference, Bonn on Biological Diversity (CBD))第9回締約国会議のドイツ議長国の枠内で、企業と生物多様性に特化したイニシアティブは前例がほぼく先駆的な組織として設立されました。 進捗報告書作成のためのガイドライン(英語).

Assist governments in the elaboration of measures to govern ABS. • Help users and providers of genetic resources to implement. ABS procedures effectively. The Bonn Guidelines can be downloaded at: • www.cbd.int/abs/bonn.shtml  Mar 26, 2018 11. Bonn Guidelines on Access to Genetic Resources and Fair and Equitable Sharing of the. Benefits Arising out of their Utilization (Bonn Guidelines), CBD Decision 6/24, “Access and Benefitsharing as Related to Genetic  countries that are suppliers and users of genetic resources, the Bonn Guideline on ABS in 2002 and the Nagoya Protocol in 2010 have Key words: Access and Benefit Sharing, Bonn Guidelines, CBD, ITPGRFA, Nagoya Protocol. はじめに. や後述するボン・ガイドライン等を基にした経験の蓄積が優先と考える先. 進国との間の溝が埋まらず、結論を得るには至らなかった。結局、COP 7 で. は、国際的な制度の在り方に関し、交渉プロセス(Process)、その性格. (Nature)、範囲(Scope)及び考慮す